よくあるご質問

い草商品をお使いいただく中での、ちょっとした疑問や、
知っておくと便利な事柄、よくいただくご質問等のご紹介です。
い草商品との、より快適な毎日をお過ごしください。

い草について

い草って体にいいの?

い草は、昔から暮らしの中で親しまれているように、日本の気候風土にとても適した天然素材です。 詳しくは、下記のページにもご紹介しておりますので併せてご覧ください。

天然い草のお話
空気清浄やアロマセラピー効果
い草には、大気汚染で問題になっている二酸化窒素や、シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒド等有害物質を吸着する働きがあります。
また、い草本来の香り(干し草の香り)による癒しの効果もあり、安心・安全な自然素材と言えます。
※大気汚染で問題となる二酸化窒素の吸着率は、和室に使われる障子紙やふすま紙、毛、木綿に比べると約5~9倍になることが分かっています。
調湿作用のある快適素材
い草の断面はスポンジのようになっており、例えば、い草の畳表と藁床(わらどこ)の6畳間では、約3ℓの吸湿能力があるとも言われています。除湿機と違う点は、乾燥してきたら水分を放出するということ。そのため、いつも快適な湿度を保ってくれます。
子どもにも安心の自然素材
畳は弾力性に優れ、発育期の子どものバランス感覚を養うのに効果的だと言われています。適度な弾力性のお陰で、転んだ時も板張りより衝撃が少なく、床衝音も吸収されます。赤ん坊の時から、安心・安全の自然素材で育ててあげてください。
国産と中国産のい草には、どんな違いがあるの?
  • 中国産で使用しているい草は日本から持ち込んだもので、国産と同じ品種のい草です。しかし、気候や土質などの違いにより、い草表皮の強度や長さ、海綿体の充実度、太さの均一性等商品の品質差が発生します。また、染色技術や織り技術にも微妙な差があります。
  • 国産高級品は、品質面において中国産の追随を許さない品質のものが存在することは事実ですが、現在国内で流通しているい草商品の約80%は中国産です。
  • 萩原株式会社では、昭和40年代から中国でのい草の栽培・い草商品の製造に取り組んでまいりました。日本の栽培管理方法等を取り入れ、中国産においても、安心・安全・良品質でリーズナブルない草商品をご提供できるよう努めています。
中国における萩原のい草につきましては、下記ページにも詳しくご紹介しております。
中国での取り組み

い草商品の選び方

上質な、い草商品の見分け方

全体的に、い草独特の薄緑のような青色を保持しているものが上質とされています。時間がたち、使い込まれるごとに褐色に変化していきます。その他、織り方や仕上げ、染色、打ち込みなども良さを見分ける際のポイントになります。

原料のい草

い草は根元と先の部分では、下図のように色が違います。中央部分のみが、きれいな青色をしています。品質の良いい草商品は、この中央部分のみが使用されているため、全体として均一性のある色合いに仕上がっています。

織り、仕上げ
織り傷や糸切れ(縦糸の切れたもの)、汚れなどの無いものを選びます。
打ち込み
い草の本数が多く織り込まれているもの、つまり目の詰まった状態のものが、良い打ち込みのものといえます。
染色
色、柄のあるものは染色されたい草が使用されています。鮮明で深みがあり、しかも艶のあるものが良い染色とされています。
い草上敷の選び方
  • まずは、商品をもって重さを比べてみてください。同じサイズの上敷でも、重さが違うことが分かります。重さの違いは、織り込まれたい草の量の違いです。重い上敷は、ぎっしりい草がつまっているため、厚手で丈夫、長持ちします。
  • 次に、商品の真ん中と耳ぎわ(端)の色を比べてみてください。い草は、根元部分と先端で色が異なるため、短いい草で織られた上敷は、真ん中と耳ぎわで色が異なります。また、触るとちくちくするものもあります。一方、丈の長いい草で織られた上敷は、耳ぎわまで色がきれいに出ています。また、い草の芯が端まで入っているため、丈夫で長持ちします。触り心地も、とても滑らかです。

上敷の選び方につきましては、下の動画でもご紹介しております。
また、上質な い草商品の見分け方をご紹介した項目もありますので、併せてご覧ください。

い草の真ん中と端で色が違うのはなぜ?
い草は根の部分は白く、中央は青緑銀白色で、端は茶色く枯れています。い草商品は、織機の両側から根の部分を先端にして交互に織り込むので、中央は青く、端は白、茶、青が混ざった色になります。
い草の色が商品によって違って見えるのはなぜ?
い草は天然素材のため、少々の色のバラツキはどうしても発生します。極力色を合わせたご提案も可能ですので、その際はまず、ご相談くださいませ。
畳のサイズにはどんなものがあるの?

地域により、畳一畳のサイズが異なります。一般的なサイズは、下記ページにてご紹介しております。

畳のサイズ
色や柄で値段は変わるの?
素材であるい草の品質によって価格的にも商品的にも大きな差があります。織り方(柄)も複雑で打ち込み本数の多い物が高くなります。また、色が濃く艶のあるものが、価格も高くなります。
ラグの裏貼りありと裏貼りなし、どう違うの?
裏貼りありはフローリング(板間)やクッションフロアーなど床面の硬い場所で、また裏貼りなしは主に畳の部屋でご使用ください。
ラグの裏貼りには、どんな種類があるの?
裏貼りには、素材が不織布のものと、ウレタンフォームのものがあります。ラグはフローリングの上で使用される場合が多いので、どちらもクッション性があり、滑りにくい素材です。
パフラグ®って他のラグと何が違うの?

通常のラグに比べ、ふかふかもっちりと、柔らかい触り心地が特長です。ウレタンを挟み込んだ三層構造のふっくらとした弾力が体を優しく受け止め、座り心地、寝心地も快適です。さらに、一般的なラグに比べ、階下に音が響きにくい点も人気です。

また、断熱性、保温性に優れたクッション構造のため、夏涼しく、冬暖かな使い心地です。和室向け、洋室向けのデザインをご用意。畳でもフローリングでもお気軽にご利用いただけます。

パフラグ®につきましては、下の動画でもご紹介しております。ぜひご覧ください。

い草商品の使い方

上敷の上手な敷き方
お部屋に広げて上方向をピンで止める
両端を二人で持って、ていねいにお部屋にひろげ、約20~25cm間隔で止めていきます。スベリ防止など安全のため、必ず専用鋲で鋲止めしてご使用ください。
(専用鋲は、ホームセンター等でお求めいただけます。)
上方向から下方向へシワを伸ばす
縫い目をしっかり押さえながら、反対方向へゆっくりとていねいにシワを伸ばしていきます。端まで伸ばしたら、ピンでしっかり止めます。
最後に、左右を約20〜25cm間隔で止めて完了
全体のシワがないことを確認して、左右の端に同じ間隔でピン止めして完了です。
敷き込んだい草商品の、波打ちやシワが取れないのですが・・・?
い草商品は流通過程で折り畳んでいますが、波打ちはできるだけ伸ばし、上敷鋲等で固定してください。シワは使用している過程で伸びて目立たなくなります。
色付きのい草は、色落ちするの?
通常のご使用では色落ちしにくいように、樹脂加工を施しています。ただし、水にぬれた時や熱湯をこぼした時などは、色落ちの可能性がありますので、よく乾かしてからご使用ください。 また、雨や汗で湿った衣服には移染する事がありますのでご注意ください。
い草商品を、自分で切ることができる(カットロックできる)?
原則的にい草の織物は切ることはできません。カットした部分がほつれるためです。裏貼りをした商品のなかには切れる物もありますが、その際は、専用の補修テープなどで補強が必要です。
裏と表、両方使える?
上敷はもちろん、花ござも、裏貼りしていないものは両面使用することができます。ただし、花ござの三重織~六重織の商品は裏の閉じが少ないため、裏面の使用はできません。
ホットカーペットカバーとして使用できる?
ホットカーペットカバーとして使用できます。ただし、自然の草のため、過度に乾燥するとい草が折れることがありますのでご注意ください。

い草商品のお手入れ

長持ちさせるためのお手入れ方法
お手入れは乾拭きを
い草商品は変色を防ぐため、泥染め加工が施してあります。(カビ・汚れではありません。)ご使用になる前に必ず表裏とも軽く乾拭きをしてください。また、ご使用後のお手入れにおいても、水拭きは変色の恐れがございますのでおやめください。
お掃除は織り目に沿って
お掃除は、い草の織り目に沿ってゴミを掃き出すか、掃除機で十分に時間をかけ、隙間も丁寧に吸い取ってください。乾拭きもおすすめです。
湿気にご注意
い草商品は大変湿気を嫌います。い草商品を使用する場所は風通しの良い場所で、天気の良い日には窓を開けて、常に換気を心掛けてください。ただし、い草は天然素材のため、ある程度の湿気も必要です。乾燥しすぎますと、い草そのものの繊維がこわれますのでご注意ください。 万一、カビが発生した際は、日影で裏干しを行い、ブラシ等でカビを掃いてください。(直射日光が当たると日焼けや変色の原因となります。)
汚れは軽く雑巾で

い草商品の汚れは、乾いた雑巾で軽く叩いて吸い取れば取れます。(万一、中に浸透した時は、水を含んだ雑巾で軽く叩きながら吸い取りを繰り返す。)この時に洗剤は不要です。

※下記のページにもご紹介しておりますので併せてご覧ください。

畳のお手入れ
い草商品は、どのくらい持つの?

商品の品質と、ご使用される環境や状況の他、お手入れによっても大きく異なります。
長持ちさせるためのお手入れ方法は、下記の内容をご参照ください。

長持ちさせるためのお手入れ方法
い草商品の保管方法は?
汚れや挨をきれいに掃除して、1〜2時間陰干しを行います。乾燥をさせてからクラフト紙、新聞紙等で包み、乾燥した暗所に保管してください。
日焼けの対処法はあるの?
日焼けは、い草に含まれる水分や空気中の水分に紫外線があたり、起きる酸化現象です。
直接日光が当たりますと退色しますので、なるべく、直射日光があたらない揚所でご使用ください。
乾かす時も直射日光を避け、陰干しが良いでしょう。
い草商品は洗えるの?
水をかけて洗うことはできません。掃除機か乾拭きをしてください。頑固な汚れは固く絞った雑巾で叩く様に拭いてください。処理後は風通しを良くし、陰干しで完全に乾かしてください。布団を干すように直射日光で乾かすと、日焼けや変色、また、い草が折れる等の原因となりますので、ご注意ください。
湿気やカビ・虫などの対処法は?
菌、カビ類は繁殖に適した湿気、温度、餌になる物があれば繁殖し、それを食べに虫が集まってきます。湿気を避け、綺麗に掃除をして繁殖条件を断つ事が大切です。
カビは下記のような状況や場所で発生しやすくなります。
  • 湿度60%以上、気温20度以上。
  • 部屋の隅の方で、風通しが悪い場所。
  • い草商品の上に家具等を長期間置いている下やその周辺。
  • 床下からの湿気が入りやすい場所。
  • い草商品を敷きっぱなしにしている場合。
  • 土間(直接地面)で使っている場合。
  • 湿気の多い場所(水周り)・梅雨時期。
い草商品を使用するお部屋は通気を良くし、天気の良い日には換気を行って、2時間程度の陰干しをしてください。また、万一カビが発生した場合は、天気の良い日に2時間程度の陰干しをしてから、ブラシなどで軽く叩いてカビを取り除いてください。

カビを放置しますと、これらを捕食し、人体にも害を与えるダニや害虫の発生につながります。絶対に放置しないでください。
縁がほどけたら、どうすればいいの?
一般的には接着剤や、専用の補修用テープなどで補修をします。ただし、補修することが難しい場合もありますので、その際にはご相談ください。

い草商品あれこれ

上敷の基本サイズ以外で、7.5畳や12畳以上の製作はできる?
オーダー加工になるので、少し割高になりますが可能です。ただし、基本的に12畳以上の大きなサイズは、持ち運びや敷き込みが可能な範囲で、何枚かに分割になります。
い草商品の織り方にはどんなものがあるの?

い草商品の織り方は無地系(畳表、上敷など)には引目織り、双目織り、メセキ織り、大目織りなどがあり、柄織り系には綾織、袋織り、掛川織り、三重織り〜六重織りなどがあります。一般的に織り方も重要ですが、一畳当りの打ち込み本数の多い物(重い物)が良い商品とされています。
畳表の織り方については、下記ページにもご案内があります。

織り方
ラグの角が丸くなっているのはなぜ?
角が丸い仕上げの方が歩行時に引っかかって角がめくれることが少ないからです。
SG加工って何? 害はないの?
ソイルガードの略字で防汚、撥水のための樹脂加工のことです。害など問題になるようなものではありません。セーフティーガードともいわれることがあります。
商品についている白い粉は何?
染土と呼ばれ、い草の湿度調整と紫外線による酸化防止(日焼け防止)のために刈り取り直後に付けられます。珪藻土といわれる粘土の一種です。無染土い草をつかった商品もございます。
い草商品を使用したら、虫・ダニに刺されたみたい?
  • い草そのものを直接の発生原因とするダニや虫の発生はほとんど無く、原因の特定は困難です。 屋内で発見されるダニ、虫は、食品や食物の屑、カビ等を主食とする一次的な屋内害虫と、これらの害虫(ダニ)を捕食する二次的な屋内害虫の2種類に分けられます。食物の屑、カビ等を主食とする一次的な屋内害虫は人を刺すことはありませんが、これらの虫やダニ等の死骸等を吸引することで、アレルギー疾患や気管支端息の原因となるとも言われています。
  • 虫、ダニを捕食する二次的な屋内害虫は人を刺すこともあり、これらがかゆみや発疹の原因となる場合があります。人間の生活環境にはどこにでも小さな微生物がいます、一説にはお部屋の中には約2万匹のダニなどの害虫がいると言われ、約2万5干匹で人がダニを感じると言われています。また、畳のお部屋に敷物を敷いた揚合は、畳の内部に湿気が籠りやすい状態となり、ダニなどが大量に発生しやすい環境になることがあります。い草商品は自然素材であるため、乾燥植物を主食とする虫が付着するということも稀にありますが、日々のお掃除やい草商品のお手入れが十分であれば、人体に害を与えるような害虫の発生はありません。
  • 一般のカーペットと同じように、い草商品もお掃除を怠ったり、カビの発生を放置していたりすると、食品の屑、人体のアカ・フケ、カビを主食とするダニなどの害虫の誘引につながり、時に大発生することがあります。これを放置すると人体に影響を与える虫・ダニが増え、これらが人を刺咬すると考えられます。い草商品は、加工上、加熱乾燥処理(約100℃、約120秒)を実施し、この段階で害虫は殺虫処理されたものと考えられますが、これ以降の過程で再度付着する事は考えられます。
  • 防止策として、虫・ダニ等の害虫の発生防止には、日々のお掃除が一番です。カビ発生を防止することに努め、万が一、虫・ダニが発生しましたら、一度、い草商品を2時間程度日陰干しし、お部屋の換気とお掃除を行ってください。虫・ダニの発生がひどい揚合は、薫蒸処理をしても効果的と思われます。虫・ダニは直射日光に弱いため、1時間程度裏表にして天日に当てるのが一番ですが、長時間の天日干しは商品の品質劣化につながります。