畳をもっと知る

畳の簡単な仕組みや一般的な種類をご紹介いたします。畳の種類・色・サイズ等は、
ここにご紹介するのみに留まらず、とても豊富です。ぜひ、豊かな畳の世界を、お楽しみください。

畳のしくみ

畳は、表面に見える畳表と、芯の部分に当たる畳床を重ねたものに、畳縁を縫い付けたつくりになっています。
天然素材のものから新素材まで、様々な種類がありますので、畳をご注文する時は、
お住まいや生活スタイルに合ったものを選ぶことが大切です。

畳 表たたみおもて

畳表は、素材、経糸、織り方によって区別することができます。

素材経糸織り方

素 材

古来使われてきた天然い草は、高温多湿な日本の暮らしに最適な素材として、また有害物質の吸着やリラクゼーション効果など、現代でも様々な効能が評価されています。近年では変色やカビの発生がしづらい新素材の畳表も登場。
暮らしのスタイルやお部屋の用途によって、最適な畳表を選ぶことができます。

天然い草

天然い草
抗菌効果、空気浄化機能(有害物質吸着機能)、湿度調整機能を持つ優れた天然素材です。
独特な香りはリラクゼーション効果を持ち、近年では、い草畳の部屋での学習機能UPが発表されています。
高級品になるほど、深い飴色に変色し風合いを保ちます。天然草ゆえに表面が傷つきやすく、他の素材より大切に扱う必要があります。
湿度調整機能により過湿になるとカビの発生の要因となります。
天然い草の働きはこちらにもご紹介しています。
天然い草
無染土い草
通常のい草は収穫後泥染めされます。泥染めには色拓の統一、乾燥時間の短縮、香り、表皮保護と劣化防止等の効能がありますが、その泥染めを一切せずに素干しした物が無染土い草です。
無染土い草

新素材表(しんそざいおもて)

ポリプロピレン等を主原料とし、天然い草と同様に成形されています。工業製品であるため品質が均一です。
変色がほとんどなく、カビも発生しづらいメリットがあります。また、カラーバリエーションが楽しみやすいのも特長です。
素材特性のため若干の伸縮があります。

七島藺草(しちとういぐさ)

青表、七島表、琉球表と様々な呼び方があります。七島藺草は丈夫で長く育つため、昔は縁なし畳として、道場などで良く使われていました。今では、七島藺草のものだけでなく、インテリアとしての縁なし畳も人気を得ています。
三角い草と呼ばれる草を2つに割き、乾燥させると丸まる性質を利用して、織物に使用されています。長年使用すると飴色に変色し、さらに風合いが増します。表面が、い草に比べてややゴツゴツしている為、ストッキング等の繊維が引っかかる場合があります。

経 糸 たていと

超高級品に用いられる「麻麻表」から、リーズナブルな「糸引き表」まで、様々な種類があります。経糸によって、織り込めるい草の本数が変わります。織り込まれる本数が多いほど重厚で上質な畳表になりますので、経糸が、畳表を選ぶ際の一つの目安になります。

麻麻表

超高級品に用いられる麻麻。麻糸を二本使用することから麻二本芯とも呼ばれています。
引っ張り強度は各経糸の中で最高位、い草を最大本数織り込めます。
その強度ゆえ、畳床に厚みや強度がないと使用できない場合があります。
麻麻表

綿麻表

綿糸、麻糸の二本芯です。い草を最大本数織り込め、最高級品に使用されます。
麻麻よりも床素材の許容範囲が広がりますが、厚み・強度がないと使用できない場合も。
二本芯の為、畳の目に丸みが出やすく、畳表そのものの厚みもあります。
綿麻表

麻表

麻糸の1本芯です。麻糸が強度を持っている為、相当数のい草が織り込め、
高級とされる畳表の中でも、その品質に対しリーズナブルなタイプです。
使用できる畳床の許容範囲も広がります。
麻表

綿々表

引っ張り強度を抑えながら、ある程度の織り込み本数を入れられる、綿糸の二本芯です。
畳床の厚みや強度がなくても使用可能。綿糸1本よりい草を織り込める為、
薄床が多い近年の畳にマッチします。
麻糸の重厚感は出ませんが表面が素直で、きれいな仕上がりです。
綿々表

糸引き表

綿糸1本芯です。マンションやアパートといった集合住宅など、広く使用されています。あまり多くのい草を織り込むことができない為、普及品~中間品に使用されることが多い経糸です。
糸引き表

織り方

作ろうとする畳の種類によって、織り方が変わってきます。

  • 引目織り

    引目織り

    畳表の代表的な織り方。通常の畳は、すべてこの織り方になります。
  • メセキ織り

    メセキ織り

    引目の半分の目幅で、細かく織られています。主に縁無し表として使用されますが、縁付きでも使用可能です。 
  • 市松織り

    市松織り

    い草の白根部と先端の緑の部を交互にして市松柄を出します。通常は縁下の一部分だけにグラデーションのように市松柄が入ります(左画像)。その他、普通のい草と無染土い草や不変色い草を交織することで、全面市松柄(総柄)となる織り方もあります(右画像)。

畳 縁たたみべり

無地のものや柄を織り込んだものなど、デザイン豊富な畳縁。畳縁には、畳表の美しさを引き立て、部屋の格調を高める働きもあります。素材も化学繊維、綿、麻、絹など多彩です。
※こちらにご紹介しているのは参考例です。詳しくは、畳店にご相談ください。

柄

小菊

小菊

昔ながらの文様の一つです。高度に意匠化された菊が、折り目正しい印象です。
升菊(ますぎく)

升菊(ますぎく)

気持ちよく区切られた升の中に、可愛らしい菊花があしらわれ、より可憐な風情の文様です。
綸子(りんず)柄

綸子(りんず)柄

江戸では紗綾形(さやがた)、京では綸子と呼ばれ、古風ななかにもモダンな雰囲気です。
重菱

重菱

伝統的な菱形文様をアレンジ。どこか懐かしく、優しい雰囲気の畳縁です。

色

松葉色

松葉色

畳縁の色として人気の緑。畳表の素朴な雰囲気を活かしつつ、爽やかに仕上がります。
亜麻色

亜麻色

茶系統や淡い色の畳縁は、縁が主張せず、やさしい雰囲気の部屋に仕上がります。
紫紺色

紫紺色

雅な紫色。濃い色の畳縁は、部屋全体を引き締める為、大きな部屋におすすめです。
藍鉄色

藍鉄色

青系統の畳縁は、部屋が清潔でスタイリッシュな印象に仕上がります。

縁なし畳

縁をつけないことで部屋の雰囲気に変化を持たせることができます。比較的半畳で作られることが多く、2色を用いた市松敷きにするなど、様々なイメージを演出することができます。

畳 床たたみどこ

かつては藁(わら)だけで作られていましたが、現在では、暮らしや住まいの変化に合わせて、建材床や、藁と建材を併用するなど、様々な工夫が図られています。
また、良い畳表には、それ相当の強度の畳床が必要など、使用する畳表によっても、合う畳床は変わってきます。
※こちらにご紹介しているのは参考例です。詳しくは、畳店にご相談ください。

稲藁床(いなわらどこ)

稲藁を圧縮して作られています。
畳本来の香り・保湿性・保温性・耐熱性、クッション性・防音・吸音機能は、稲藁床と天然い草の畳表によって成されてきました。
米の収穫が機械化された為、藁の入手が困難になり、稲藁床は減少しています。
稲藁床(いなわらどこ)

藁(わら)サンド

稲藁の使用量を減らし、中材としてポリスチレンフォームを挟み込みました。
稲藁床の効能を持ちつつ軽量化し、扱いやすくなっています。
藁(わら)サンド

建材床(けんざいどこ)※畳ボード

主に木材チップの繊維を圧縮して作られた畳ボード(インシュレーションボード)を使用します。
稲藁床に近い強度と同様な機能を持ち、比較的軽量で加工性にも優れています。
高級畳表を使用する場合は、畳ボードを重ね合わせた物をおすすめします。
建材床(けんざいどこ)

建材床(けんざいどこ)※畳ボード+ポリスチレンフォーム

畳ボードとポリスチレンフォームを組み合わせ、更に軽量化、低コスト化された畳床です。
その扱いやすさから、現在の畳床の主流になっています。
畳ボードのみの仕様に比べ、畳表に対する強度は若干低下します。
建材床(けんざいどこ)
※その他各メーカーのオリジナルで、薄畳専用床、薄畳暖房兼用床があります。

畳のサイズ

畳は、同じ1畳といっても日本全国、地域の違いや住宅事情によって大きさに差があり、それによって値段も変わります。
ご注文の際には、畳店が採寸するなど、お住まいのサイズがどれにあたるのか、相談しながら選びます。
尚、大きさは変わっても、縦横の比率は、どの地方のサイズも2:1となっています。

五八間(江戸間)

東京をはじめとする関東地方、全国各地でよく見られます。
(サイズ目安:88×176㎝)

三六間(中京間)

岐阜、名古屋をはじめ中京地方、東北や沖縄の一部など、広い地域で見られます。
(サイズ目安:91×182㎝)

六一間

岡山、広島、山口などの山陰地方でよく見られます。
(サイズ目安:92.5×185㎝)

本間(ほんけん・ほんま)

京都をはじめ、関西方面でよく見られます。
(サイズ目安:95.5×191㎝)