中国での取り組み

萩原製品はすべて自社生産管理

萩原株式会社は昭和40年代より、中国での、い草事業に取り組んでまいりました。多くの人に安心安全、良品質のい草製品をお届けする為、岡山の苗を持ち込み、育てるところから生産・検品まで、すべて当社管理のもと行われています。毎月現地に足を運び、日本人の目線で丁寧に指導することで、良質な製品を安定して生産することを目指しています。
育てるところから携わる

当社の流れ

一般的な流れ

い草栽培・管理の体制

い草メーカーであるため、植え付け時から肥培管理まで徹底。
バラつきの少ない商品を安定供給するために、
当社規定に基づいたい草作りを行っています。
萩原株式会社
輸出商社を通じ、色々な工場の製品を仕入れるため、
トレーサビリティの確保が難しく、品質が安定しません。
一般的な流れ

生産・検品の体制

自社工場で生産し、そのすべてを自社検品センター1カ所に集めて検品するため、良質な品質を安定して維持できます。
萩原株式会社
不特定の中小工場で生産され、それぞれ生産された工場内で
検品するため、色・品質が安定しません。
一般的な流れ

安心・安全、高品質のために

植え付けから刈り取りまでの取組み

安心安全 現地工場と萩原が協同で行う 植え付けから収穫まで肥培管理
安心・安全のため、時期ごとに、肥料・農薬の散布状況の記録を取ります。残留農薬については日本の検査機関に検査を依頼しています。
安心安全 現地工場と萩原が協同で行う 植え付けから収穫まで肥培管理
研究 全工場の栽培管理者 栽培理論の講習会を開催
中国にある全工場のスタッフと日本人スタッフの間で、萩原株式会社としての商品基準を共有し、安定した品質を保つ為の努力を続けています。
研究 全工場の栽培管理者 栽培理論の講習会を開催
実践 より良質のい草を求めて、30年以上続く 月1回の技術交流
苗から収穫まで、日本人スタッフが毎月田んぼに入り、生育状況を確認。異常がある場合には専門学士に依頼し、改善を行っています。30年以上休まず続けている技術交流により、独自のノウハウを積み重ねています。
実践 より良質のい草を求めて、30年以上続く 月1回の技術交流

生産から検品までの取組み

安心安全 主な副資材・溶剤について 日本製を使用
上敷・花ござの表面に塗布する溶剤などの主な副資材は、日本製のものを使用。日本語でデータが取れる溶剤のみを使用しています。
安心安全 主な副資材・溶剤について 日本製を使用
安心安全 日本人スタッフ常駐の自社検品センターにて 全量検品を実施
業界初の自社検品センターを持ち、常駐日本人スタッフ、技術を持った中国人スタッフが、日本製畳表と同等の基準で検品を実施。全量を検品センターで検品し、合格品のみ日本へ輸出しています。
安心安全 日本人スタッフ常駐の自社検品センターにて 全量検品を実施
信頼 全製品自社生産管理だから可能な トレーサビリティの確保
い草の栽培から検品まで、自社生産管理体制をとっているため、もし製品に不備が発生した場合でも、どの工程で発生したのか原因を追究することが可能です。また、問題点の早期発見、即日改善を行えるため、品質の安定化がはかれます。
信頼 全製品自社生産管理だから可能な トレーサビリティの確保
萩原株式会社本サイトへ
お問い合わせ
本社い製品・インテリア事業部
TEL 086-465-6011
FAX 086-465-0726
フリーダイヤル 0120-68-0097 営業時間 月~金曜日 9:00~17:00
  • 萩原株式会社